カードローンの即日キャッシングは、いざというときにその日のうちにお金を借りることが出来るため、非常に便利なサービスです。
しかし即日お金を借りる=借金ですから、使い方を間違えると便利な即日キャッシングが逆に生活を圧迫することにも繋がります。
即日キャッシングを利用するためには審査が必要となりますが、この審査には審査基準が設けられているため、誰でも必ず即日キャッシングが利用できるわけではありません。
最も審査を通過しにくくなるのは限度を超えた申し込みで、消費者金融の場合は年収の三分の一を超えた申し込みは即日キャッシングが利用できないばかりか、通常のキャッシングの申し込みでも審査段階でNGと判断されてしまいます。
基本的に即日キャッシングが可能な金額は、消費者金融の場合は50万円までが即日審査・即日キャッシングのボーダーラインとなっています。これは50万円以下の申し込みの場合、収入を証明する収入証明書の提出が不要のため、審査が簡素化されるためです。ですからこの金額を超えない申し込みであればその日のうちにキャッシングが可能になるわけです。しかしすでに他社に借り入れがある場合、この50万円という設定ではなく、他社の借り入れと申し込んだ金額の合計が100万円を超える場合といった別の設定が適用されることになります。その場合収入証明書の提出が必須となりますし、パートやアルバイトといった仕事で生計を立てている場合、他社との借り入れ合計が年収の三分の一を超える可能性も出てきます。そうなると身の丈以上の借り入れを申し込んでいることになるため、即日キャッシングは許可されないということになるわけです。仮にぎりぎりの金額で審査を通過した場合でも、返済が大変なことになるので、即日キャッシングを利用する場合には、必要な金額だけを利用するようにしないと、便利なキャッシングが逆に生活を圧迫して生活が立ち行かなくなる可能性もありますので、その点には十分注意が必要でしょう。